コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

園田多祐 そのだ たすけ

2件 の用語解説(園田多祐の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

園田多祐

幕末・明治の名士・地方功労者。丹波生。名は定業、字は成功、抱甕と号す。家は代々の大庄屋で篠山藩用達を奉じた。維新後は区長・県会議員等を歴任し公共事業に尽力、丹波多紀・氷上両郡を結ぶ坂随道の開通など多くの功績を残した。藍綬褒章受章。明治32年(1899)歿、70才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

園田多祐 そのだ-たすけ

1830-1899 幕末-明治時代の公共事業家。
文政13年8月2日生まれ。代々丹波多紀郡(兵庫県)の大庄屋で篠山(ささやま)藩の御用達をつとめる。同藩の渡辺弗措(ふっそ)にまなぶ。維新後は大里正,区長,県会議員などをつとめ,明治16年丹波多紀郡と氷上郡をつなぐ鐘ケ坂隧道(ずいどう)を完成させた。明治32年8月11日死去。70歳。名は定業。字(あざな)は成功。号は抱甕。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

園田多祐の関連キーワード織田彦三郎幸島桂花福田源兵衛細谷松茂堀親広山内林斎湯地平生三横川好楽徳若槻武樹

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone