コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺弗措 わたなべ ふっそ

1件 の用語解説(渡辺弗措の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺弗措 わたなべ-ふっそ

1818-1885 江戸後期-明治時代の儒者。
文政元年10月8日生まれ。丹波篠山(ささやま)藩(兵庫県)藩士。猪飼敬所(いかい-けいしょ)にまなび,天保(てんぽう)12年藩校振徳堂の教導方となる。江戸で佐藤一斎,昌平黌(しょうへいこう)にまなび,藩校でおしえ,世子青山忠敏(ただゆき)の侍講をかねた。明治18年3月6日死去。68歳。名は世順。字(あざな)は伯信。通称は亮太郎。別号に隴雲居士。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

渡辺弗措の関連キーワード有賀長隣大里桃隣木村表斎近藤梅外佐藤玄覧清水嘉門昇斎一景関直吉棚橋碌々遠山弘湖

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone