コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定業 ジョウゴウ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ごう〔ヂヤウゴフ〕【定業】

仏語。
前世から定まっている善悪の業報(ごうほう)。決定業(けつじょうごう)。
念仏四業の一。座禅によって精神を集中し、仏を観ずること。

てい‐ぎょう〔‐ゲフ〕【定業】

一定の職業業務定職

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

定業 さだなり

?-? 鎌倉時代の刀工。
京都綾小路派。定利の子または門人で,弘安(こうあん)(1278-88)ごろの人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうごう【定業】

〘仏〙
その報いとして起こる結果が定まっている行為。決定業。 ⇔ 不定業 「天魔に魅入られし我身の-と思へば/滝口入道 樗牛
「往生要集」に説く四種の念仏の一。座禅入定して仏を心に思い描くこと。

ていぎょう【定業】

一定の職業・業務。定職。 → じょうごう(定業)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

定業の関連キーワード選択本願(せんちゃくほんがん)水俣病患者認定基準の運用指針選挙費用の公費負担制度中小企業退職金共済法個別応用ソフトウェア木更津市の庁舎移転下請中小企業振興法県の談合情報対応不公正な取引方法自動車運転代行業労働災害防止協会強制適用事業所あっせん利得罪リサイクル2法大久保彦左衛門雇用調整助成金ベースアップ不動産鑑定士安全衛生教育有効求人倍率

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定業の関連情報