コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定業(読み)ジョウゴウ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ごう〔ヂヤウゴフ〕【定業】

仏語。
前世から定まっている善悪の業報(ごうほう)。決定業(けつじょうごう)。
念仏四業の一。座禅によって精神を集中し、仏を観ずること。

てい‐ぎょう〔‐ゲフ〕【定業】

一定の職業業務定職

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうごう【定業】

〘仏〙
その報いとして起こる結果が定まっている行為。決定業。 ⇔ 不定業 「天魔に魅入られし我身の-と思へば/滝口入道 樗牛
「往生要集」に説く四種の念仏の一。座禅入定して仏を心に思い描くこと。

ていぎょう【定業】

一定の職業・業務。定職。 → じょうごう(定業)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android