コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土井利教 どい としのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土井利教 どい-としのり

1846-1873 幕末-明治時代の大名。
弘化(こうか)3年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)林田藩主建部政醇(たけべ-まさあつ)の4男。土井利善(としよし)の養子となり,慶応2年三河(愛知県)刈谷(かりや)藩主土井家9代。明治6年11月14日死去。28歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

土井利教の関連キーワードサッカー(フットボール)日本郵便制度史(年表)デニングハリスレビットショーセシーユ小幡甚三郎光の科学史大不況

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android