コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土井利善 どい としよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土井利善 どい-としよし

1830-1867 幕末の大名。
天保(てんぽう)元年生まれ。遠江(とおとうみ)(静岡県)浜松藩主井上正甫(まさもと)の7男。土井利祐(としすけ)の養子となり,弘化(こうか)4年三河(愛知県)刈谷(かりや)藩主土井家8代。寺社奉行,陸軍奉行をつとめた。慶応3年2月20日死去。38歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

土井利善の関連キーワード奴隷制廃止運動フランス史(年表)アメリカ美術選挙法改正民衆を導く自由の女神パーマストン(子)ギゾースタンダールオーストラリア・ニュージーランド文学カナダ文学

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone