コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土佐光孚 とさ みつざね

美術人名辞典の解説

土佐光孚

江戸後期の土佐派の画家。光貞の長子幼名は虎若丸、字は子正、号は鶴皐。10才の時、新造内裏清涼殿の布障子に墨画名所図、仙洞御所小書院床張付小襖に花鳥を描く。絵所預・備後介・土佐守に任じられ、正四位下となる。嘉永5年(1852)歿、73才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土佐光孚 とさ-みつざね

1780-1852 江戸時代後期の画家。
安永9年4月24日生まれ。土佐家の分家土佐光貞(みつさだ)の長男(一説に御園玄蕃頭(みその-げんばのかみ)の3男)。父の跡をついで絵所預(えどころあずかり)となる。寛政2年内裏造営の際,父とともに障壁画の制作にかかわった。嘉永(かえい)5年4月5日死去。73歳。号は鶴皐。名は「みつたか」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

土佐光孚

没年:嘉永5.4.5(1852.5.23)
生年:安永9.4.24(1780.5.27)
江戸後期の土佐派の画家。「みつたか」とも読む。土佐家の分家土佐光貞の子。幼名虎若丸,字は子正,鶴皐と号した。寛政2(1790)年の内裏造営に伴う障壁画制作に父と共に参加。正四位下,土佐守に叙任され,幕末京都画壇で重要な位置を占めた。<参考文献>大村西崖編『東洋美術大観』5巻

(榊原悟)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

土佐光孚 (とさみつざね)

生年月日:1780年4月24日
江戸時代後期の土佐派の画家
1852年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

土佐光孚の関連キーワード土佐光清土佐光文川辺源好生年月日浮田一蕙

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android