コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土光登美 どこう とみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土光登美 どこう-とみ

1871-1945 昭和時代前期の教育者。
明治4年8月8日生まれ。土光敏夫の母。昭和16年,亡夫・土光菊次郎の一周忌に念願であった女学校の創設を宣言。ほとんど独力で寄付集め,諸交渉をおこない,17年横浜鶴見に橘女学校(現・橘学苑中学・高校)を開校。戦時下,「正しきものは強くあれ」という創立精神によって生徒の教育にあたった。昭和20年4月21日死去。75歳。岡山県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

土光登美の関連キーワード教育者

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android