コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土居光華(読み)どい こうか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土居光華 どい-こうか

1847-1918 明治時代の自由民権運動家。
弘化(こうか)4年6月24日生まれ。明治5年太政(だじょう)官の左院に出仕したが,翌年退職。北辰社を結成し,ついで静岡の前島豊太郎にまねかれて攪眠社社長,岳南自由党の機関紙「東海暁鐘新報」の主筆となり,15年同党総理となる。三重県の郡長をへて27年衆議院議員(当選2回,自由党)。大正7年12月11日死去。72歳。淡路(あわじ)(兵庫県)出身。字(あざな)は士済。号は淡山。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の土居光華の言及

【女大学】より

…これらは江戸時代には寺子屋で読本兼習字用教科書として,明治以降は女学校の修身教材として使われた。一方,西欧思想を取り入れて《女大学》を批判したものとして,土居光華《文明論女大学》(1876),福沢諭吉《女大学評論》《新女大学》(ともに1899)などがある。【中江 和恵】。…

※「土居光華」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android