コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土岐洞文 とき とうぶん

2件 の用語解説(土岐洞文の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土岐洞文 とき-とうぶん

?-? 戦国時代の画家。
鷹(たか)の絵にすぐれる。美濃(みの)(岐阜県)の戦国大名土岐氏の一族とおもわれるが,土岐氏系図に名はない。なお,同国守護土岐頼芸(よりなり)(1501-82)も鷹の絵を得意としていることから,洞文と同一人物とする説もある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ときとうぶん【土岐洞文】

戦国時代の美濃の土岐氏一族の武人画家。土岐氏はその一門の中から画技をよくした者を輩出したが,そのもっとも著名な一人である。生年は不詳。1582年(天正10)81歳没とする説がある。〈洞文〉印をもつ《鷹図》などの作品が現存するが,土岐氏系図には記載がない。《画工便覧》は洞文を土岐頼芸(よりのり)の号としているが,頼芸ならば和歌に長じて文人的性格をもち,画技の習熟も考えられる。《細香斎図》(栃木県博物館)には円覚寺122世景初周随若年の著賛があり,越中黄梅派との脈絡が想定され,洞文画様式に曾我派的特色がみられることがうなずける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土岐洞文の関連キーワード土岐頼芸今峰氏光植村持益土岐富景土岐光信土岐持益土岐康貞土岐頼貞土岐頼純一柳宣高

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone