土岐頼芸(読み)とき よりなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土岐頼芸 とき-よりなり

1501-1582 戦国-織豊時代の武将。
文亀(ぶんき)元年生まれ。土岐政房(まさふさ)の次男。斎藤道三に擁立され,兄土岐頼純(よりずみ)を越前(えちぜん)(福井県)に追放して美濃(みの)(岐阜県)守護となる。天文(てんぶん)21年道三とあらそって敗れ,のち尾張(おわり)(愛知県)の織田信長をたよったとされる。鷹(たか)の絵が得意で,土岐洞文と同一人物との説もある。天正(てんしょう)10年12月4日死去。82歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

土岐頼芸

没年:天正10.12.4(1582.12.28)
生年:文亀1(1501)
戦国時代の武将。美濃国(岐阜県)守護。政房の子。左京大夫,美濃守。兄との守護職相続争いに敗れ,美濃方県郡鷺山城に不遇をかこっていたが,のちの斎藤道三によって美濃国主に擁立され,山県郡大桑城に入城。やがて道三と不和になり,ついには美濃を追われて,土岐守護家はここに滅亡したという。細部については諸説あるが,道三によって美濃守護に擁立されたのは天文4(1535)年のことと推定され,翌年美濃守に任官。最終的に美濃を追われた年は天文21年とする説が有力であるが,確定的ではない。その後,近江六角氏に寄宿し,晩年は織田信長に扶持されていたらしいが,下総万喜の土岐庶流のもとにあったともいう。天正10(1582)年,旧臣稲葉良通(一鉄)に迎えられ美濃大野郡岐礼にあり,まもなく同地で病没。鷹の絵に優れ,同時代の武人画家,土岐洞文と同一人物とする説もある。俗説では道三の子義竜の実父であるという。

(谷口研語)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ときよりのり【土岐頼芸】

1502‐82(文亀2‐天正10)
戦国時代の武将。法名宗芸。美濃守護土岐政房の子。政房の死後家督をついだ兄頼武が,1535年(天文4)長井規秀(斎藤道三)のクーデタで追われたあと,道三に擁立され美濃守護となる。以後道三に実権を奪われたまま守護として在国したが,52年道三に追放された。その後六角氏の保護をうけ再起をはかるが果たせなかった。父政房のあとをうけて鷹の絵を得意としたと伝える。【勝俣 鎮夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の土岐頼芸の言及

【斎藤道三】より

…道三は父の死により1533年(天文2)家督をつぎ,翌年長井氏の惣領長井藤左衛門尉景弘を倒した。さらに35年土岐頼芸(よりのり)をかついで,美濃守護土岐次郎頼武追放のクーデタに成功し,美濃国土岐家の実権をにぎった。しかし,国内の土岐・斎藤一族の反抗,それと結ぶ隣国の朝倉・織田氏の国内侵入により国内は混乱をつづけた。…

【土岐洞文】より

…〈洞文〉印をもつ《鷹図》などの作品が現存するが,土岐氏系図には記載がない。《画工便覧》は洞文を土岐頼芸(よりのり)の号としているが,頼芸ならば和歌に長じて文人的性格をもち,画技の習熟も考えられる。《細香斎図》(栃木県博物館)には円覚寺122世景初周随若年の著賛があり,越中黄梅派との脈絡が想定され,洞文画様式に曾我派的特色がみられることがうなずける。…

※「土岐頼芸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android