脈絡(読み)ミャクラク

デジタル大辞泉の解説

血管。脈。
物事の一貫したつながり。筋道。「話に脈絡がない」「説明に脈絡をつける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 血管。脈。植物の葉脈、昆虫の翅脈等にもいう。〔書言字考節用集(1717)〕
※十善法語(1775)一「死する時は総身の骨節分離し、脈絡ことごとくゆるぶ」
② 物事の一貫した続き、つながり。筋道。
※古学先生文集(17C後頃)三・仁説「此仁道脉絡相因、自然之機、而莫皆従愛出也」
※日々の収拾(1970)〈坂上弘〉「不断でもなんの脈絡もないことで思い出すことが多い」 〔中庸章句‐序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脈絡の関連情報