脈絡(読み)みゃくらく

精選版 日本国語大辞典「脈絡」の解説

みゃく‐らく【脈絡】

〘名〙
血管。植物の葉脈、昆虫の翅脈等にもいう。〔書言字考節用集(1717)〕
※十善法語(1775)一「死する時は総身の骨節分離し、脈ことごとくゆるぶ」
② 物事の一貫した続き、つながり。筋道
※古学先生文集(17C後頃)三・仁説「此仁道脉絡相因、自然之機、而莫皆従愛出也」
※日々の収拾(1970)〈坂上弘〉「不断でもなんの脈絡もないことで思い出すことが多い」 〔中庸章句‐

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「脈絡」の解説

【脈絡】みやくらく

血管や神経の連なり。また、条理。〔中庸章句の序〕然る後此の書の解し、絡貫し、詳略相ひ因り、細畢(ことごと)く擧がる。

字通「脈」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

まん延防止等重点措置

新型インフルエンザ等対策特別措置法において定められた措置。2019年に中国で初めて確認され、その後世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス感染症(COVID(コビッド)-19)対策の推進を図るため、2...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android