コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土岐頼旨 とき よりむね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土岐頼旨 とき-よりむね

?-1884 江戸時代後期の武士。
幕臣。下田奉行,浦賀奉行,勘定奉行をへて大目付兼海防掛となり,アメリカ総領事ハリスとの修好通商条約締結の交渉にあたる。将軍継嗣問題では一橋(徳川)慶喜(よしのぶ)擁立をはかるが,井伊直弼(いい-なおすけ)のため大番頭(おおばんがしら)に左遷され,のち免職,隠居差控となった。明治17年4月2日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

土岐頼旨の関連キーワード安政の大獄小出秀実幕臣

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android