コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土岐頼旨 とき よりむね

1件 の用語解説(土岐頼旨の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土岐頼旨 とき-よりむね

?-1884 江戸時代後期の武士。
幕臣。下田奉行,浦賀奉行,勘定奉行をへて大目付兼海防掛となり,アメリカ総領事ハリスとの修好通商条約締結の交渉にあたる。将軍継嗣問題では一橋(徳川)慶喜(よしのぶ)擁立をはかるが,井伊直弼(いい-なおすけ)のため大番頭(おおばんがしら)に左遷され,のち免職,隠居差控となった。明治17年4月2日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

土岐頼旨の関連キーワード稲村三羽阿部正信岡野孫十郎清水純斎鈴木春波鈴木宗休中島竹道松平外記松平近直湯沢寿平

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone