コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦賀奉行 うらがぶぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浦賀奉行
うらがぶぎょう

相模国浦賀に設けられた江戸幕府直轄地の遠国奉行の一つ。格式が 1000石で,老中の直接指揮を受ける要職であった。享保5 (1720) 年に下田から転置された。浦賀番所を主管し,付近の天領の施政権を兼有していたが,おもな任務は江戸湾の出入船舶を改めることであった。特に天保8 (1837) 年,アメリカ船『モリソン』号の浦賀来航 (→モリソン号事件 ) 以来,その任務も重大となり,ペリー来航の際には主要な役割を果した。初めは江戸に在勤していたが,外国との交渉が恒常的になると,現地で執務した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

浦賀奉行【うらがぶぎょう】

江戸幕府の遠国奉行の一。高1000石,役料500俵。1720年伊豆下田番所を廃し,相模浦賀番所(現神奈川県横須賀市)を設置したことにより創設下田奉行から転じた堀利雄が初代奉行に就任。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うらがぶぎょう【浦賀奉行】

相模国三浦郡西浦賀(横須賀市)に設けられた浦賀番所の長官。江戸幕府遠国(おんごく)奉行の一つ。老中支配に属し芙蓉間詰,高1000石,役料500俵。配下に与力12騎,同心50人がつき,浦賀の回船問屋が付属した。初代堀隠岐守利雄以下52名が歴任。番所は1720年(享保5)12月伊豆国下田番所を廃し,翌21年浦賀に移した。江戸への入船はすべてここで検査され,沿岸防備と江戸を中心とする商品流通機構の統制機関となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うらがぶぎょう【浦賀奉行】

江戸幕府の遠国奉行の一。浦賀出入りの船舶および回漕かいそう米穀・貨物などの検査をつかさどった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浦賀奉行
うらがぶぎょう

江戸幕府の遠国(おんごく)奉行の一つ。1616年(元和2)伊豆に下田(しもだ)奉行が置かれたが、1720年(享保5)12月に相州浦賀へ移った。その職務は、江戸に出入りする廻船(かいせん)の積み荷と奥州から大坂へ送る米穀を検査し、あわせて近在の幕府領ならびに浦賀町中の民政をつかさどった。老中支配に属し、高1000石、平常は属僚を遣わして職務の遂行にあたらせ、奉行は江戸にあって執務した。しかし幕末に異国船が江戸湾に来航するようになると、高2000石となり、従来の職務のほかに、国防上から沿岸防備をはじめ、異国船の取扱いまで幅広く命ぜられ、1862年(文久2)以後、奉行は浦賀に駐在するようになった。元来長崎奉行の次席であったが、安政(あんせい)(1854~60)のころより要職として格式も高くなり、長崎奉行の上席に列するに至った。[柚木 学]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

浦賀奉行の関連キーワードペリー(Matthew Calbraith Perry)開国(日本史)香山栄左衛門日米和親条約松本斗機蔵黒川嘉兵衛神奈川条約中島三郎助浅野梅堂穂積清軒長崎奉行水野忠徳スループ妻木頼隆久世広徳土岐頼旨井戸弘道伊沢政義仙石政寅尾藤水竹

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浦賀奉行の関連情報