コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土岐頼行 とき よりゆき

3件 の用語解説(土岐頼行の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土岐頼行 とき-よりゆき

1608-1685* 江戸時代前期の大名,槍術(そうじゅつ)家。
慶長13年生まれ。土岐定義(さだよし)の長男。父の死後,下総(しもうさ)相馬郡(茨城県)領主をへて寛永5年出羽(でわ)上山(かみのやま)藩(山形県)藩主土岐家初代となる。2万5000石。槍術を一指流の松本利直にまなんで,自得記(じとくき)流を創始し,家伝とした。貞享(じょうきょう)元年12月10日死去。77歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

土岐頼行

没年:貞享1.12.10(1685.1.14)
生年:慶長13(1608)
江戸前期の大名,槍術家。通称内膳,山城守。土岐定義の長子として下総国相馬郡守屋(茨城県)に生まれる。寛永5(1628)年出羽国上山(山形県)城主となり2万5000石を領した。槍は当時頼行の庇護下にあった松本一指について奥義を得,同6年上山藩へ配流となった沢庵和尚に参禅して妙悟し,工夫を加えて師一指の容認のもとに自得記流をたてた。江戸前期の数少ない大名槍術家のひとり。土岐家は頼行の孫頼稔のとき上州沼田に移封され,以降同流は沼田藩において明治3(1870)年まで伝承されたといわれる。

(松井健二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土岐頼行
ときよりゆき

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土岐頼行の関連キーワード松原広重酒井貞月城守国包(2代)国次(2)(3代)高木昌秀種田正幸歳長(山城守系・初代)歳長(山城守系・2代)歳長(山城守系・3代)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone