土御門定実(読み)つちみかど さだざね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土御門定実 つちみかど-さだざね

1241-1306 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
仁治(にんじ)2年生まれ。土御門顕定(あきさだ)の子。母は源雅親(まさちか)の娘。正嘉(しょうか)元年参議,のち権(ごんの)大納言,春宮(とうぐう)権大夫。正応(しょうおう)5年従一位。内大臣をへて正安(しょうあん)3年太政大臣となる。嘉元(かげん)4年3月30日死去。66歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android