土御門顕定(読み)つちみかど あきさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土御門顕定 つちみかど-あきさだ

1215-1283 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
建保(けんぽ)3年生まれ。土御門定通の長男。嘉禎(かてい)3年(1237)参議。権(ごんの)大納言,正二位にすすみ,淳和(じゅんな)・奨学両院別当となる。近衛(このえ)大将の兼務をのぞんだが西園寺公基(きんもと)が任じられ,建長7年(1255)高野山にはいって出家。高野入道とよばれた。弘安(こうあん)6年8月12日死去。69歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android