土方稲嶺(読み)ひじかた とうれい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土方稲嶺 ひじかた-とうれい

1741-1807 江戸時代中期-後期の画家。
寛保(かんぽう)元年生まれ。因幡(いなば)(鳥取県)の人。江戸で南蘋(なんぴん)派の宋紫石(そう-しせき)にまなぶ。京都の円山応挙の門人という説もある。山水・花鳥にすぐれた。寛政10年鳥取藩主池田斉邦(なりくに)に藩絵師としてめしかかえられた。文化4年3月24日死去。67歳。名は広邦,広輔。字(あざな)は子直。別号に臥虎軒,虎睡軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

土方稲嶺

没年:文化4.3.24(1807.5.1)
生年寛保1(1741)
江戸中期の南蘋派の画家。名は広邦,のち広輔。字は子直。因幡(鳥取県)の人。生年は享保20(1735)年説もある。江戸で宋紫石に学んだのち,京都で活躍。円山応挙の影響も受けた。晩年,因幡藩に召された。紫石門では珍しく京都妙心寺雑華院襖絵(現存)をはじめとする大画面作品を制作した。

(武田光一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土方稲嶺の関連情報