コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宋紫石 そう しせき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宋紫石 そう-しせき

1715-1786 江戸時代中期の画家。
正徳(しょうとく)5年生まれ。長崎で熊代熊斐(くましろ-ゆうひ),宋紫岩(しがん)にまなび,師の姓を名のる。沈南蘋(しん-なんぴん)風の写生的な花鳥画を江戸にひろめた。平賀源内著「物類品隲(ひんしつ)」の挿絵をえがく。天明6年3月11日死去。72歳。江戸出身。本姓は楠本(くすもと)。字(あざな)は君赫。通称は幸八郎。別号に雪渓,雪湖,霞亭。編著に「古今画藪(がそう)」,作品に「雨中軍鶏図」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宋紫石

没年:天明6.3.11(1786.4.9)
生年:正徳5(1715)
江戸中期の南蘋派の画家。本姓は楠本。字は君赫,または霞亭。通称幸八郎。雪渓,のちに雪湖と号した。江戸の人。中年,長崎に遊学して熊斐から沈南蘋の画法を学び,次いで来日中の清人宋紫岩にも師事して宋紫石と改名した。宝暦9(1759)年ごろ江戸に帰り,南蘋画風の紹介,普及に努めた。著に『宋紫石画譜』『古今画藪』,作品に「芭蕉小禽図」(浅草・徳本寺蔵),「富岳図」(大和文華館蔵)などがある。杉田玄白,平賀源内と交友し,西洋画にも興味を示した。子の紫山,孫の紫岡があとを継いでいる。弟子に土方稲嶺,岡岷山らがおり,また司馬江漢,酒井抱一,蠣崎波響も一時期,紫石に学ぶなど,江戸の画壇におよぼした影響は大きい。

(武田光一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宋紫石
そうしせき

[生]正徳5(1715).江戸
[没]安永9(1780).5.20. /天明6(1786).3.11. 江戸
江戸時代中期の長崎派画家。本姓は楠本,通称は幸八郎。字は君赫または霞亭,号は雪渓のちに雪湖。長崎へ出て熊斐 (ゆうひ) に沈南蘋 (しんなんぴん) の写生的花鳥画を学び,さらに来日した清の画家宋紫岩に師事し,宋紫石の漢名を用いて江戸で南蘋風の写生画を盛んにした。また平賀源内の『物類品隲 (ひんしつ) 』 (1763) に挿絵を描いたり,自著『古今画藪 (がそう) 』 (70) にヨンストン著『動物図譜』 (1660) からの写しを十数図描くなどした。主要作品『芭蕉小禽図』 (1765,浅草徳本寺) ,『獅子図』,著書『宋紫石画譜』など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宋紫石
そうしせき
(1715―1786)

江戸中期の画家。本名は楠本幸八郎。字(あざな)は君赫(くんかく)また霞亭。号は雪渓のち雪湖。江戸の人。長崎に遊学し、熊斐(ゆうひ)から清(しん)人沈南蘋(しんなんぴん)譲りの写生的な花鳥画風を学ぶ。さらに来日中の清人宋紫岩(しがん)にも師事し、中国風に宋紫石と改名した。江戸の地に当代中国画の新風、とりわけ南蘋風を伝えた功績が大きく、また西洋画にも関心を示した。平賀源内と交友があり、博物の書『物類品隲(ぶつるいひんしつ)』(1763)に挿絵を提供した。代表作に『雨中鶏図』(1771・東京国立博物館)があり、著書に『古今画藪(がそう)』(1770)などがある。司馬江漢(こうかん)、酒井抱一(ほういつ)らに教え、子の宋紫山(しざん)、孫の宋紫岡(しこう)が画業を継いだ。墓は徳本寺(東京都台東(たいとう)区)にある。[小林 忠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宋紫石の言及

【長崎派】より

…(3)南蘋(なんぴん)派は,1731年(享保16)に渡来した沈銓(しんせん)(南蘋)にはじまる。精緻な花鳥画の画風は南蘋に直接師事した熊代熊斐(ゆうひ)(1693‐1772)の門下の鶴亭(?‐1785),宋紫石(1716‐80)により近畿や関東に伝わり,江戸後期の画壇に写実主義の風潮がひろまる契機となった。(4)南宗画(文人画)派も伊孚九(いふきゆう),費漢源,江稼圃(こうかほ)らの来日中国画人に負うところが多い。…

※「宋紫石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宋紫石の関連キーワード藤田景竜鈴木芙蓉三木分流清水静斎晁有輝宋紫山董九如宋紫岡小林沈銓

宋紫石の関連情報