コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土方雄嘉 ひじかた かつよし

1件 の用語解説(土方雄嘉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土方雄嘉 ひじかた-かつよし

1829-1858 江戸時代後期の大名。
文政12年7月16日生まれ。土方雄興(かつおき)の長男。天保(てんぽう)9年(1838)伊勢(いせ)(三重県)菰野(こもの)藩主土方家11代となる。アヘン戦争の教訓から軍備の増強をはかり,農民の足軽登用や練兵場の新設などをおこなった。安政5年8月28日死去。30歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

土方雄嘉の関連キーワード安政の大獄鶴屋南北俚言集覧オリファント久世広周来原良蔵小宮山綏介伊達宗城由利公正

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone