コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土方雄次 ひじかた かつつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土方雄次 ひじかた-かつつぐ

1611-1680 江戸時代前期の大名。
慶長16年生まれ。土方雄重(かつしげ)の長男。母は内藤政長(まさなが)の娘。寛永6年(1629)陸奥(むつ)窪田(くぼた)藩(福島県)藩主土方家2代となる。鮫川(さめがわ)沿岸に五箇村灌漑(かんがい)用水や酒井用水をつくり,新田開発をおこなった。延宝8年1月28日死去。70歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

土方雄次の関連キーワード土方雄隆

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android