コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮫川 さめがわ

3件 の用語解説(鮫川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鮫川
さめがわ

福島県の南東部を流れる川。全長約 67km。阿武隈高地に源を発し,ほぼ南東流して入遠野川,四時川などの支流を合流,いわき市植田で太平洋に注ぐ。流れに沿って御斎所街道が通る。上流部の谷幅は広く埋積谷を形成するが,中流部では深い峡谷を刻む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さめがわ【鮫川】

阿武隈高地南部,福島県東白川郡鮫川村に源を発し,古殿(ふるどの)町を経ていわき市佐糠町で太平洋に注ぐ河川。全長65km,流域面積601km2。上流部の古殿町竹貫(たかぬき),松川付近では谷底平野をつくるが,大原(だいばら)からは峡谷をうがって南東流し,井戸沢から平地を流れる。この川筋は福島県中通りと浜通りとを結ぶ御斎所街道として交通路に利用されてきた。中流の峡谷には高柴ダムがあり,いわき市の工業用水などに利用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鮫川
さめがわ

福島県南東部を流れて太平洋に注ぐ川。阿武隈(あぶくま)高地南部の鮫川村戸草付近に源を発し、上流部で幅300メートルほどの谷底平野を伴いながら組矢(くみや)川、大平川、小松川などをあわせ、古殿(ふるどの)町からいわき市田人(たびと)にかけて峡谷をうがって南東流し、いわき市植田で菊多浦に注ぐ。流路延長約60キロメートル、流域面積538平方キロメートル。本流沿いには古くから御斎所(ございしょ)街道が通じていた。下流部には高柴(たかしば)ダムがある。[中村嘉男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鮫川の関連キーワード福島県東白川郡鮫川村赤坂中野福島県東白川郡鮫川村赤坂西野福島県東白川郡鮫川村赤坂東野福島県東白川郡鮫川村石井草福島県東白川郡鮫川村福島県東白川郡鮫川村富田福島県東白川郡鮫川村西山福島県東白川郡塙町福島県東白川郡福島県東白川郡鮫川村渡瀬

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鮫川の関連情報