土棲蜂(読み)ツチスガリ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

土棲蜂 (ツチスガリ)

学名:Cerceris harmandi
動物。ジガバチ科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つち‐すがり【土棲蜂】

〘名〙
① ハチ(膜翅)目アナバチ科フシダカバチ亜科に属するハチの総称。体長七~一六ミリメートルで、腹部の各節間は強くくびれている。体は黒色で黄色斑がある。夏ごろ現われ、雌は地中に穴を掘って巣をつくり、コハナバチ類などを捕えて、それに産卵する。ナミツチスガリ、マルモンツチスガリアカアシツチスガリなど日本に一五種が分布する。ふしだかばち。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕
② 昆虫「じがばち(似我蜂)」の異名。〔物類称呼(1775)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android