コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

似我蜂 ジガバチ

デジタル大辞泉の解説

じが‐ばち【似我蜂】

膜翅(まくし)目ジガバチ科の昆虫。体長約2センチで体は黒色、膨らんだ腹の基部は赤色。地面に巣穴を掘り、ヨトウムシシャクトリムシなどを狩って取り込み、これに産卵して幼虫のえさにする。翅(はね)を動かす音がジガジガと聞こえる。すがる。腰細蜂(こしぼそばち)。 春》
ジガバチ科の昆虫の総称。体は中形で黒色、腹の付け根は細い。地中や竹筒に巣を作り、小昆虫を狩って幼虫のえさとする。ジガバチ・ツチスガリアナバチなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じがばち【似我蜂】

ハチ目ジガバチ科の昆虫の総称。アナバチ。
ジガバチ科のハチの一種。体長2センチメートル 内外。体は細く、特に腹部の基部は糸状。体色は黒色で腹部第二節は赤色。地面に穴を掘り、シャクトリムシなどの幼虫を捕まえて貯蔵し、横腹に卵を産みつける。幼虫を埋めるときにたてる羽音を、昔の人は「似我似我じがじが」と聞き、他の虫をハチに変える呪文じゆもんと考えたので、この名があるという。腰細蜂こしぼそばち。蜾蠃すがる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

似我蜂 (ジガバチ)

学名:Ammophila infesta
動物。ジガバチ科の昆虫

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

似我蜂の関連キーワード大津絵横腹腹部糸状

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android