コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土用三郎 ドヨウサブロウ

大辞林 第三版の解説

どようさぶろう【土用三郎】

夏の土用に入ってから三日目を擬人化した称。この日の天候によって、その年の耕作の吉凶を占う俗習があった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の土用三郎の言及

【土用】より

…その他,熊本県水俣市地方では土いじりを忌み,新潟県三条市地方では土用血といって馬の血取りをしたという。3日目を土用三郎といい,この日の晴雨によって豊凶を占う農村も多い。【田中 宣一】。…

【虫送り】より

…村境は川や海の場合もあり,わら人形はここで焼いたり流したりする。6,7月の夜に行われることが多いが,土用三郎といい土用は3日目と決まっている村もある。わら人形はサネモリ(実盛)と呼ばれ,害虫は斎藤別当実盛(斎藤実盛)の御霊(ごりよう)が化したものという伝承が西日本に広く分布する。…

※「土用三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

土用三郎の関連キーワード八専次郎寒四郎彼岸耕作吉凶俗習

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android