コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土田杏村 つちだきょうそん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土田杏村
つちだきょうそん

[生]1891.1.15. 佐渡
[没]1934.4.25. 京都
哲学者,評論家。本名は茂 (つとむ) 。京都帝国大学卒業。西田幾多郎師事,文化主義を唱え,哲学的立場から日本の古典を研究し,国家主義へ傾いた。河上肇らとマルクス主義をめぐって論争し,これを批判した。主著『文化主義原論』 (1921) ,『国文学の哲学的研究』 (27~29) ,『マルクシズム批判』 (30) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

つちだ‐きょうそん〔‐キヤウソン〕【土田杏村】

[1891~1934]思想家・評論家。新潟の生まれ。本名、茂(つとむ)。麦僊(ばくせん)の弟。西田幾多郎に師事。雑誌「文化」を発刊し、文明評論を展開。著「国文学の哲学的研究」「マルキシズム批判」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

土田杏村【つちだきょうそん】

哲学者,評論家。新潟県生れ。本名は茂(つとむ)。東京高等師範学校博物学部,京都帝大哲学科に学び,哲学者の田中王堂西田幾多郎から影響をうける。大学院在学中に雑誌《文化》を創刊,社会主義と理想主義の結合を目指し,社会・教育・芸術など多方面にわたる評論活動を展開した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土田杏村 つちだ-きょうそん

1891-1934 大正-昭和時代前期の思想家,評論家。
明治24年1月15日生まれ。土田麦僊(ばくせん)の弟。田中王堂,西田幾多郎(きたろう)にまなぶ。日本文化学院をつくり,長野,新潟の自由大学運動を援助する。マルクス主義批判の立場をとり河上肇(はじめ)と論争した。昭和9年4月25日死去。44歳。新潟県出身。京都帝大卒。本名は茂(つとむ)。著作に「文明思潮と新哲学」など。
格言など】歴史の進展は自由でもあれば,また必然でもある(「人間論」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つちだきょうそん【土田杏村】

1891‐1934(明治24‐昭和9)
哲学者,評論家。新潟県佐渡の生れ。本名茂(つとむ)。日本画家土田麦僊(ばくせん)の弟。東京高等師範学校博物学部を経て,京都帝大哲学科に学び,哲学者の田中王堂,西田幾多郎から強い影響をうけた。卒業後ひきつづき大学院に進学,在学中に雑誌《文化》を創刊し,社会,教育,文学,芸術などの多方面にわたる評論活動を展開した。その立場は自由主義的であったが,ヨーロッパの社会主義的文化運動である〈プロレットカルトproletcult論〉の紹介にもつとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

つちだきょうそん【土田杏村】

1891~1934) 哲学者・評論家。新潟県佐渡の生まれ。本名、茂つとむ。麦僊ばくせんの弟。京大卒。信濃自由大学の発足に協力。著「象徴の哲学」「国文学の哲学的研究」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土田杏村
つちだきょうそん
(1891―1934)

哲学者、評論家。新潟県佐渡の豪農に生まれる。本名は茂(つとむ)。日本画家麦僊(ばくせん)は兄にあたる。新潟師範学校を経て、東京高等師範学校に入学。ここで丘浅次郎、田中王堂の感化を受ける。在学中に『文明思潮と新哲学』(1914)を処女出版。京都帝国大学へ進み西田幾多郎(にしだきたろう)の指導を受けた。当時まだ目新しかったフッサールの現象学に注目、卒論は「現代哲学序論――認識の現象学的考察」。のちこれをまとめて『象徴の哲学』(1919)を出版した。1919年(大正8)日本文化学院を設立、翌1920年創刊した機関誌『文化』を舞台に在野の立場から思想、文化、社会の諸問題について文化主義を主張、とりわけ当時台頭してきたマルクス主義を批判した(『マルクス思想と現代思想』1921)。またこのころ「信濃(しなの)自由大学」をはじめとする自由大学運動を推進し、積極的にこれらの運動を支援した。晩年は病床にふすことが多く、国文学や日本美術史の研究に沈潜した。[渡辺和靖]
『『土田杏村全集』全15巻(1935~1936・第一書房/復刻版・1982・日本図書センター) ▽『象徴の哲学』(1971・新泉社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の土田杏村の言及

【自由大学】より

…1921年長野県上田市で発足した信濃自由大学(のち上田自由大学)が最初である。信濃自由大学は,官製の青年団にあきたらず,普選運動や自由画運動にかかわり学習要求に燃えていた青年たちが,哲学者土田杏村の協力を得て設立したものである。その目的は,学問の中央集権と政府の教育統制に反対して,学問の自由を獲得し,労働に従事している人々が生涯学べる自治的な大学を設立することであった。…

【自由律】より

…そのことから定型を破壊して自由律によろうとする動きが,大正末期からあらわれた。石原純,土田杏村らがその主導者で,口語定型を守持するものらとの論争がしばしばおこなわれた。しかし1932‐33年(昭和7‐8)ころに口語歌運動では定型派のすべてが敗退し,自由律派のみとなった。…

※「土田杏村」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

土田杏村の関連キーワード佐渡市新穂歴史民俗資料館自由大学運動上田自由大学猪坂 直一土田 杏村清水 信金井 正第一書房自由大学金素雲自由律土田

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android