コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土肥樵石 どひ しょうせき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土肥樵石 どひ-しょうせき

1841-1915 明治-大正時代の書家。
天保(てんぽう)12年10月11日生まれ。土肥春曙(しゅんしょ)の父。もと肥後熊本藩士。和田耕雲,元田永孚(もとだ-ながざね)にまなぶ。のち元田の招きで上京,宮内省にはいり,華族女学校(現学習院)の書道教師をつとめた。草書,かなにすぐれた。大正4年9月24日死去。75歳。幼名は章之進。名は直康(なおやす)。通称は宇宙。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

土肥樵石の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android