コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土馬 どば

防府市歴史用語集の解説

土馬

 奈良・平安時代の馬形土人形です。雨ごいなどのお祭りに、本物の馬の代わりに使われました。川の跡などで見つかります。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どば【土馬】

日本で出土する土製の馬形。考古学上,4回の大きな変遷が確かめられる。5~6世紀前半の6cm前後の小型馬形,7世紀代の21cm前後の大型鞍装馬形,8世紀代の12cm前後の中型無装馬形,8世紀末葉の6cm前後の小型無装馬形であり,各期ごとに断絶し新様式として登場する。1・2期の馬形は全国的に分布し,地域色もあり個性的であり,広範な馬形信仰に基づく分布を示す。これに対し,3・4期の馬形は平城京長岡京平安京や各地の官衙に集中し,規格・形態もほぼ統一されており,朝廷の創出した祭式に用いられるものであることを示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

土馬の関連情報