コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土馬 どば

2件 の用語解説(土馬の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

土馬

 奈良・平安時代の馬形土人形です。雨ごいなどのお祭りに、本物の馬の代わりに使われました。川の跡などで見つかります。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

どば【土馬】

日本で出土する土製の馬形。考古学上,4回の大きな変遷が確かめられる。5~6世紀前半の6cm前後の小型馬形,7世紀代の21cm前後の大型鞍装馬形,8世紀代の12cm前後の中型無装馬形,8世紀末葉の6cm前後の小型無装馬形であり,各期ごとに断絶し新様式として登場する。1・2期の馬形は全国的に分布し,地域色もあり個性的であり,広範な馬形信仰に基づく分布を示す。これに対し,3・4期の馬形は平城京長岡京平安京や各地の官衙に集中し,規格・形態もほぼ統一されており,朝廷の創出した祭式に用いられるものであることを示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土馬の関連キーワード高橋健自原史時代銅鉾土器森本六爾歴史考古学産業考古学八幡一郎先史考古学森浩一

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土馬の関連情報