コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脚力 カクリキ

6件 の用語解説(脚力の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かく‐りき【脚力】

飛脚のこと。きゃくりき。きゃくりょく。
「西の国より―にて上りける男ありけり」〈今昔・二七・三六〉

きゃく‐りき【脚力】

きゃくりょく1
かくりき(脚力)」に同じ。
「宇佐大宮司公通が―とて六波羅に着く」〈盛衰記・二六〉

きゃく‐りょく【脚力】

歩いたり走ったりする足の力。きゃくりき。
かくりき(脚力)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かくりき【脚力】

駅制で、物資や手紙の運搬をした人夫。飛脚の前身。 「西の国より-にて上りける男ありけり/今昔 27

きゃくりき【脚力】

飛脚。使者。かくりき。きゃくりょく。 「宇佐大宮司公通が-とて六波羅に着く/盛衰記 26

きゃくりょく【脚力】

歩いたり走ったり跳んだりする、足の力。
きゃくりき(脚力) 」に同じ。 「水戸より江戸にゆく-二人にゆきあうて/折たく柴の記」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の脚力の言及

【飛脚】より

…【藤村 潤一郎】
[古代,中世]
 飛脚の語は,だいたい平安時代の末ごろから現れ,中世以降頻出する。初めは鳥を用いない通信使すなわち脚力と同義に用いられることが多いが,一般には乗馬の急使を指すようである。室町時代の《下学集》には飛脚すなわち急脚とある。…

※「脚力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

脚力の関連キーワード付着力客旅角力極力粘着力旅客チャクリ王朝体力つくり強調月間平田直良

脚力の関連情報