脚力(読み)かくりき

精選版 日本国語大辞典「脚力」の解説

かく‐りき【脚力】

〘名〙 古代の駅制で、急用大事のときに利用する飛駅とならんで用いられた通信方法の一つで、馬を使う必要のない一般の用件の使者をいう。平安中期以後、駅家の機能が失われてから主要な通信手段となった。鎌倉以後に活躍した飛の前身。きゃくりき。きゃくりょく。
※令義解(718)軍防「前烽不応者。即差。往告前烽
※色葉字類抄(1177‐81)「脚力 カクリキ」

きゃく‐りょく【脚力】

〘名〙
① 足のちから。歩行に堪えうる足のちから。歩行力。きゃくりき。
※翰林葫蘆集(1518頃)四・馬耳山「有馬皆山借欲騎、行人脚力已疲時」
※土(1910)〈長塚節〉二一「彼は脚力の及ぶ限り帰途を急いだ」 〔蘇軾‐登玲瓏山詩〕
② 遠方に急用や音信を伝えたり、荷物の運送などに従事する使いの者。飛脚。かくりき。きゃくりき。〔酉陽雑俎‐恠術〕

きゃく‐りき【脚力】

〘名〙
源平盛衰記(14C前)二六「宇佐大郡司公通が脚力(キャクリキ)とて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「脚力」の解説

きゃく‐りき【脚力】

きゃくりょく1
かくりき(脚力)」に同じ。
「宇佐大宮司公通が―とて六波羅に着く」〈盛衰記・二六〉

かく‐りき【脚力】

飛脚のこと。きゃくりき。きゃくりょく。
西の国より―にて上りける男ありけり」〈今昔・二七・三六〉

きゃく‐りょく【脚力】

歩いたり走ったりする足の力。きゃくりき。
かくりき(脚力)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の脚力の言及

【飛脚】より

…【藤村 潤一郎】
[古代,中世]
 飛脚の語は,だいたい平安時代の末ごろから現れ,中世以降頻出する。初めは鳥を用いない通信使すなわち脚力と同義に用いられることが多いが,一般には乗馬の急使を指すようである。室町時代の《下学集》には飛脚すなわち急脚とある。…

※「脚力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スクランブル放送

映像や音声の信号を暗号化(スクランブル)して送り出される放送。スクランブル方式やスクランブルシステム、スクランブルなどともいう。テレビ放送用のデータを一定の規則に基づいた鍵(かぎ)によって暗号化するこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android