コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在天宗鳳 ざいてん そうほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

在天宗鳳 ざいてん-そうほう

1490-1572 戦国時代の僧。
延徳2年生まれ。曹洞(そうとう)宗。はじめ光国舜玉(こうこく-しゅんぎょく)に師事。のち武蔵(むさし)貝塚(東京都)青松(せいしょう)寺の泰翁徳陽(たいおう-とくよう)の印可をうける。徳陽の死後,青松寺をついだ。元亀(げんき)3年1月23日死去。83歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

在天宗鳳の関連キーワードヤギエウォ朝足利義稙慈照寺元亀八尾空港伊勢神宮内宮周辺の駐車場足利義稙足利義政クーザン畠山義就