コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泰翁徳陽 たいおう とくよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泰翁徳陽 たいおう-とくよう

1477-1556* 戦国時代の僧。
文明9年生まれ。曹洞(そうとう)宗。武蔵(むさし)青松寺(東京都)の雲岡舜徳(うんこう-しゅんとく)のもとで出家,のち喜州玄欣(きしゅう-げんきん),普山彭寿(ふざん-ほうじゅ)にまなび,節庵良筠(せつあん-りょういん)の法をつぐ。武蔵鳳生寺をへて青松寺の住持となった。弘治(こうじ)元年11月20日死去。79歳。美作(みまさか)(岡山県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

泰翁徳陽の関連キーワード在天宗鳳戦国時代

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android