コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地ノ島 じノしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地ノ島
じノしま

福岡県北部,宗像市玄海地区に属し,鐘ノ岬 (かねのみさき) 沖合い約 2kmにある小島。かつては海上交通要地白浜,泊の2集落があり,漁業中心の生活を営んでいる。島を含む周辺海域一帯は玄海国定公園に属する。鐘崎漁港から定期船便がある。面積 1.70km2人口 212 (2000) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の地ノ島の言及

【友ヶ島】より

…和歌山県北西端,和歌山市加太の西方,淡路島との間の紀淡海峡(友ヶ島水道)に浮かぶ島。地ノ島(全周約5.2km)と沖ノ島(全周約6.5km)からなり,沖ノ島には砂州で陸続きになった虎島,および神島が付属する。島は砂岩からなり,周囲は高さ20~50mの海食崖が発達,沖ノ島の野奈浦を除き無住である。…

※「地ノ島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地ノ島の関連情報