コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄海 げんかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玄海
げんかい

福岡県北部,玄界灘に臨む地域。旧町名。 1955年田島,池野,岬 (みなと) の3村と神湊 (こうのみなと) 町が合体して発足。 2003年宗像市と合併。農業地域が広く,米,ミカン,イチゴ,野菜類を産する。北東端の鐘崎を中心に神湊,地ノ島では漁業も盛ん。宗像神社,鎮国寺,さつき松原,鐘ノ岬 (かねのみさき) ,桜京古墳 (史跡) などの名所旧跡があり,玄海国定公園に属する。国道 495号線が通じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げんかい【玄海】

佐賀県北西部、玄界灘に面する地名。海岸部は玄海国定公園に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

玄海

没年:貞和3/正平2.3.17(1347.4.28)
生年:文永4(1267)
鎌倉後期から南北朝時代の真言宗の僧。高野山の密教哲学研究の逸材。和泉国大鳥郡(大阪府堺市)の高志氏出身。13歳で高野山に登り,17歳のとき出家,両部灌頂 を受け密教者として出発。19歳で一院を譲られたほどの俊才ぶりを発揮。次いで伝法灌頂を受けたのち,高野山のみならず,広く真言各派の流儀を習得。さらに三論,法相,天台,華厳などの顕教をも修学し,ついに高野山の全学僧を統括する学頭に就任。後醍醐天皇の知遇を得て真言密教の秘訣を授けるに至り,法印の高位に達した。後年,高野八傑のひとりと讃えられる。玄海は学問のみならず霊的能力にも秀で,不動明王法を修すると彼自身が不動となり,また不動に供奉する3人の童子が出現したと伝えられるなど霊異を語る伝承も多い。著書に『大疏科文』など。弟子に快成がある。

(正木晃)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

玄海

アサヒビールが販売する焼酎の商品名。麦全麹100%で仕込んだ本格麦焼酎。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玄海
げんかい

福岡県北部、宗像(むなかた)郡にあった旧町名(玄海町(まち))。現在の宗像市北部地域。旧玄海町は、1955年(昭和30)神湊(こうのみなと)町と田島、池野、岬(みさき)の3村が合併して成立。2003年(平成15)宗像市と合併し、宗像市の一地区となった。離島の地島(じのしま)、勝島を含む。孔大寺(こだいじ)山(499メートル)などの丘陵性山地が広く分布するが、玄界灘(げんかいなだ)に注ぐ釣(つり)川沿いには沖積低地が開け、沿岸には砂丘が発達している。農業が中心で、稲作のほか、ミカン、イチゴ、鶏卵などを産する。沖合いは好漁場で、海女(あま)で有名な鐘崎(かねざき)はフグ延縄(はえなわ)漁業が盛んであり、大島(宗像市)への渡し船が出る神湊は魚料理の旅館が多い。鐘崎には県立栽培漁業センターがある。海上安全の神として知られ、秋季大祭の海上神幸で有名な宗像大社や鎮国(ちんこく)寺、国指定の史跡桜京(さくらきょう)古墳などがある。皐月(さつき)松原は白砂青松の景勝地で、海水浴客も多く、県立少年自然の家があり、玄海国定公園に属する。[石黒正紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の玄海の言及

【玄界灘】より

…九州北西部,福岡・佐賀両県の北にひろがる海域。玄海ともいう。西は壱岐水道,対馬海峡東水道で東シナ海に,東は福岡県宗像(むなかた)郡の大島と九州本土(玄海町)との間の倉良(くらら)瀬戸を通じて響(ひびき)灘に,それぞれ接している。…

※「玄海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

玄海の関連キーワード観光と物産まつり 玄海町花火大会佐賀県東松浦郡玄海町大串新田佐賀県東松浦郡玄海町値賀川内佐賀県東松浦郡玄海町有浦下佐賀県東松浦郡玄海町座川内佐賀県東松浦郡玄海町花の木佐賀県東松浦郡玄海町小加倉佐賀県東松浦郡玄海町浜野浦佐賀県東松浦郡玄海町有浦上佐賀県東松浦郡玄海町湯野尾佐賀県東松浦郡玄海町普恩寺佐賀県東松浦郡玄海町轟木佐賀県東松浦郡玄海町諸浦佐賀県東松浦郡玄海町田代佐賀県東松浦郡玄海町長倉佐賀県東松浦郡玄海町中通佐賀県東松浦郡玄海町石田佐賀県東松浦郡玄海町藤平佐賀県東松浦郡玄海町牟形佐賀県東松浦郡玄海町平尾

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玄海の関連情報