コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生島治郎 イクシマジロウ

3件 の用語解説(生島治郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いくしま‐じろう〔‐ヂラウ〕【生島治郎】

[1933~2003]小説家。中国、上海の生まれ。本名、小泉太郎。ミステリー雑誌の編集長を経て、本格的なハードボイルド小説を日本の文壇に確立させた。「追いつめる」で直木賞受賞。他に「傷痕の街」「兇悪の門」「片翼だけの天使」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

生島治郎 いくしま-じろう

1933-2003 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和8年1月25日中国上海(シヤンハイ)生まれ。早川書房にはいり,翻訳ミステリー雑誌の編集長をつとめる。昭和39年「傷痕の街」を発表,作家生活にはいる。42年「追いつめる」で直木賞。日本におけるハードボイルド-ミステリーの草分けといわれた。平成1-5年日本推理作家協会理事長。平成15年3月3日死去。70歳。早大卒。本名は小泉太郎。作品はほかに「黄土の奔流」「片翼だけの天使」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生島治郎
いくしまじろう
(1933―2003)

推理作家。本名小泉太郎。上海(シャンハイ)生まれ。早稲田(わせだ)大学文学部卒業。翻訳ミステリーの編集者を経て、1964年(昭和39)処女長編『傷痕の街(しょうこんのまち)』を発表して作家生活に入る。1967年、暴力組織と対決する元刑事の執念を描く『追いつめる』で直木賞を受賞。その続編『あの墓を掘れ』や、私立探偵ものの連作『報酬か死か』などの作品で和製ハードボイルドの確立を提唱する作家の一人である。ミステリー以外にも私小説風の作品『片翼だけの天使』(1984)五部作がある。[厚木 淳]
『『傷痕の街』『追いつめる』『あの墓を掘れ』『片翼だけの天使』(集英社文庫) ▽『報酬か死か』(徳間文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生島治郎の関連キーワード石和鷹伊藤貞夫宇井理生大塩正義木幡陽篠原健治槌田敦野田宣雄藤木久志松本徹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生島治郎の関連情報