コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生島治郎 イクシマジロウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

生島治郎 いくしま-じろう

1933-2003 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和8年1月25日中国上海(シヤンハイ)生まれ。早川書房にはいり,翻訳ミステリー雑誌の編集長をつとめる。昭和39年「傷痕の街」を発表,作家生活にはいる。42年「追いつめる」で直木賞。日本におけるハードボイルド-ミステリーの草分けといわれた。平成1-5年日本推理作家協会理事長。平成15年3月3日死去。70歳。早大卒。本名は小泉太郎。作品はほかに「黄土の奔流」「片翼だけの天使」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生島治郎
いくしまじろう
(1933―2003)

推理作家。本名小泉太郎。上海(シャンハイ)生まれ。早稲田(わせだ)大学文学部卒業。翻訳ミステリーの編集者を経て、1964年(昭和39)処女長編『傷痕の街(しょうこんのまち)』を発表して作家生活に入る。1967年、暴力組織と対決する元刑事の執念を描く『追いつめる』で直木賞を受賞。その続編『あの墓を掘れ』や、私立探偵ものの連作『報酬か死か』などの作品で和製ハードボイルドの確立を提唱する作家の一人である。ミステリー以外にも私小説風の作品『片翼だけの天使』(1984)五部作がある。[厚木 淳]
『『傷痕の街』『追いつめる』『あの墓を掘れ』『片翼だけの天使』(集英社文庫) ▽『報酬か死か』(徳間文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

生島治郎の関連キーワードハードボイルド探偵小説小泉 喜美子小泉喜美子推理小説メイラー生島