コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方頭人 ジカタトウニン

大辞林 第三版の解説

じかたとうにん【地方頭人】

室町幕府の職名。京中の家屋・宅地・訴訟のことなどをつかさどった。地方頭じかたがしら。地奉行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の地方頭人の言及

【地方奉行】より

…地方奉行の職務としては屋地の裁判,紛失証文の安堵,大名近習宿所地の決定,幕府認可外の寺領内の建造物の取締りなど,室町幕府が洛中の土地支配を進めるにあたって広範かつ重要な役割を果たした。地方奉行の長官たる地方頭人(じかたとうにん)には応永ころより摂津氏が代々その職を継承した。応仁の乱以降はその職も有名無実化していったものと思われる。…

※「地方頭人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

地方頭人の関連キーワード地奉行地方家屋宅地訴訟

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android