コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地景 ちけい

大辞林 第三版の解説

ちけい【地景】

土地の景色。土地の様子。
刀の刃文の一。金筋のように見えるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の地景の言及

【日本刀】より

…これには丁子様の映や棒状の棒映がある。異質の鋼が交じって線状に強く光るものを〈地景〉(地にあるもの),〈稲妻〉(刃にあるもの),〈金筋〉という。
[彫物]
 刀身に施した彫刻には,太刀や刀には〈棒樋(ぼうび)〉(鎬地の全面を彫る),〈二筋樋〉(鎬地に2本の樋を並べて彫ったもの)などがあり,短刀には〈護摩箸(ごまはし)〉(2本の細い棒状のもの)と〈剣(すけん)〉(柄(つか)のない剣のことであるが,柄付のものもある),〈くりから竜(俱梨伽羅竜)〉(剣にからまりつき剣頭をのみこもうとするもの)などが多い。…

※「地景」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地景の関連キーワードムスカウアー公園/ムジャコフスキ公園重要文化的景観ランドスケープモーリシャス新藤五国光天草諸島源清麿地下鉄日本刀相州物繁慶土地刃文谷戸正宗則重金筋

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地景の関連情報