コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地球磁場の逆転 ちきゅうじばのぎゃくてんreversal of geomagnetic field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地球磁場の逆転
ちきゅうじばのぎゃくてん
reversal of geomagnetic field

古地磁気学の発展により地球磁場の歴史が明らかにされてきた結果,地球磁場は過去何回も現在の向きとは反対の方向に向いていたことが明らかになった。地球磁場の逆転は数万年程度の比較的短い期間のものと,数十万年から数百万年にわたる長い期間のものとに大別される。前者をイベント,後者をエポックと呼んでいる。いちばん最近の地球磁場の逆転が起きたのは約 75万年前で,それから約 250万年前までの地球磁場が現在と逆の方向に向いていた期間は日本の地球物理学者松山基範の名にちなんで,松山エポックと呼ばれている。 1960年代後半から海底堆積物の磁化と海底の地磁気異常の縞模様から過去1億 6000万年ぐらい前までの地磁気逆転の歴史がわかっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

地球磁場の逆転の関連キーワード堆積速度[深海土]古地磁気小嶋稔