地算(読み)ジザン

デジタル大辞泉の解説

じ‐ざん〔ヂ‐〕【地算】

《「じさん」とも》基礎的な算術。足し算と引き算。加減算。自算。
「―も子守の片手に置き習ひ」〈浮・永代蔵・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐ざん ヂ‥【地算・自算】

〘名〙 (「じさん」とも) 加え算や引き算などの初歩の算術。一説に、珠算に対して算木(さんぎ)を用いて計算するものとも、地上にそろばんの玉を描いて行なう計算ともいう。
※日葡辞書(1603‐04)「Gizan(ヂザン)〈訳〉計算の最初のものである、加えること。例、Gizanuo(ヂザンヲ) ヲク」
※仮名草子・為愚痴物語(1662)五「自算つよき人の、わりざんをならふを見るに、何とむづかしきさんなりといへども、たやすくなるものなり。じざんよはき人は、やすきさんもならひ得ることかたし」

ち‐さん【地算】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android