地絹(読み)ジギヌ

デジタル大辞泉の解説

じ‐ぎぬ〔ヂ‐〕【地絹】

地方で、主に自家用に織った絹織物。一説に、生地の絹すなわち白絹のこと。
「羽二重(はぶたへ)半疋(はんびき)四十五匁の―よりは」〈浮・胸算用・一〉
書画をかくのに用いる絹地。
「ふしぎや絵像ゆるぎ出で、身の毛もぞっとたちまちに、―を離れ形を現じ」〈浄・傾城酒呑童子〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android