地角(読み)チカク

大辞林 第三版の解説

ちかく【地角】

大地の果て。僻遠へきえんの地。
みさき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ち‐かく【地角】

〘名〙
大地のすみ。遠くはなれた土地のはて。僻遠の地。
経国集(827)二〇「所以高曁天涯、共日月而倶懸、遠遍地角、与山川而斉峙」 〔楊烱‐少室山少姨廟碑銘〕
② 陸地の細くとがって海中に突出した所。みさき。地嘴(ちし)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android