コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みさき

6件 の用語解説(岬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


みさき

千葉県南東部,いすみ市北部の旧町域。 1961年太東町,長者町の2町が合体して成立。 2005年夷隅町,大原町と合体して,いすみ市となる。夷隅川下流域に位置し,米作のほか野菜の栽培や酪農,畜産も盛ん。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


みさき
cape

海に突き出た陸地の先端部。半島に比べて小さい。硬い岩石の部分が浸食され残った山地の場合が多いが,砂嘴 (さし) が海に突出したものもある。四国小松島に近い和田ノ鼻は砂嘴による岬の例である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こう【岬】[漢字項目]

常用漢字] [音]コウ(カフ)(漢) [訓]みさき
みさき。「岬角(こうかく)

み‐さき【岬/崎】

海や湖などに細長く突き出ている陸地。「―の灯台」
[補説]書名別項。→

みさき【岬】[書名]

中上健次中編小説。紀州の田舎町に暮らす青年の孤独と閉塞感を描く。昭和50年(1975)発表。同年、第74回芥川賞受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みさき【岬 cape】

海に突出した陸地の先端部。成因としては,山稜が沈水した場合や,硬い岩石からなるため波の浸食に抗して形成される場合が多い。また砂の堆積で突出する砂嘴(さし)の岬もある。瀬戸内海の岬の多くは沈水山稜タイプであり,太平洋に突出する犬吠埼(いぬぼうさき),伊良湖岬(いらごみさき)などは硬岩タイプである。また北海道野付崎(のつけざき),神戸の和田岬などは砂嘴タイプである。岬を示す用語としては,岬,崎,埼,碕のほかに角,鼻などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岬の関連情報