コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂合部薬 さかいべの くすり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂合部薬 さかいべの-くすり

?-672 飛鳥(あすか)時代の武人。
斉明天皇4年(658)有間(ありまの)皇子の変に関係して捕らえられ,尾張(おわり)(愛知県)へ流される。壬申(じんしん)の乱の際,大友皇子(弘文天皇)側の将として村国男依(むらくにの-おより)の軍と近江(滋賀県)息長(おきなが)の横河でたたかい,天武天皇元年7月7日敗死。氏は境部ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

坂合部薬

没年:天武1.7.7(672.8.5)
生年:生年不詳
壬申の乱(672)時の近江方の将。氏は境部とも書き,姓は連。斉明4(658)年11月,有間皇子の変の際に,皇子らと共に捕らえられ,紀温湯(和歌山県白浜町)に行幸中の斉明天皇の許に送られたのち,尾張国(愛知県)に流されたが,一説によると有間皇子が,薬らと共に短籍(おみくじ)を取り謀反のことを占ったという。壬申の乱では近江方の将として,大海人皇子(のちの天武天皇)方の村国男依と近江の息長の横河(滋賀県米原町醒ケ井付近)で戦ったが,敗れ斬られた。

(館野和己)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

坂合部薬の関連キーワード境部薬

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android