コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂村徹 さかむらてつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坂村徹
さかむらてつ

[生]1888.10.13. 広島
[没]1980.10.18. 広島
植物学者。北海道大学農学部卒業 (1913) 。同学部助教授としてヨーロッパに留学し,理学博士となる (20) 。翌年教授となり,のち理学部教授に転じた (30) 。北海道大学名誉教授。コムギ属の染色体の数を初めて正確に明らかにした。日本学士院会員。 1976年文化功労者に選ばれた。主著『植物生理学』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂村徹 さかむら-てつ

1888-1980 大正-昭和時代の植物生理学者。
明治21年10月13日生まれ。大正10年北海道帝大教授。コムギの染色体数を確定し,また植物細胞の浸透圧生理,菌類に対する微量重金属の影響などの研究をおこなう。昭和51年文化功労者。昭和55年10月18日死去。92歳。広島県出身。東北帝大農科大学(現北大農学部)卒。著作に「植物生理学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

坂村徹の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android