コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木原均 きはらひとし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木原均
きはらひとし

[生]1893.10.21. 東京
[没]1986.7.27. 横浜
遺伝学者。北海道大学農学部卒業 (1918) 。京都大学教授 (27~56) 。同大学名誉教授。国立遺伝学研究所所長。 1943年「小麦の細胞遺伝学的研究」で帝国学士院恩賜賞を受け,48年第2次世界大戦後に海外渡航を許された最初の日本人科学者としてストックホルム国際遺伝学会に出席し,特別講演をした。ゲノム説,品種改良細胞遺伝学育種植物の起源など,広い分野にわたって独創的な研究が多い。 48年文化勲章受章。 49年学士院会員,国際遺伝学会名誉会長に推される。学生時代からスポーツにも熱心で,戦後2回にわたり冬季オリンピック選手団団長,全日本スキー連盟会長を歴任した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きはら‐ひとし【木原均】

[1893~1986]遺伝学者。東京の生まれ。京大教授。イネ科植物の細胞遺伝学を研究し、ゲノム分析によって栽培小麦の祖先を解明。種なしスイカ結実にも成功。また、カラコルム探検隊長としても活躍した。文化勲章受章。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

木原均【きはらひとし】

遺伝学者。東京生れ。北大農学部卒。1927年から京大農学部教授。1955年以降国立遺伝学研究所所長。コムギの遺伝学的研究で世界的に名高く,そのゲノム分析の確立,祖先型の発見などの業績がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木原均 きはら-ひとし

1893-1986 昭和時代の遺伝学者。
明治26年10月21日生まれ。昭和2年京都帝大教授。17年木原生物学研究所を創設し,所長。30年国立遺伝学研究所所長。ゲノムの概念を確立してコムギの祖先種を解明,また種なしスイカをつくる。18年学士院恩賜賞,23年文化勲章。全日本スキー連盟会長もつとめた。昭和61年7月27日死去。92歳。東京出身。北海道帝大卒。著作に「小麦の合成」など。
【格言など】地球の歴史は地層に,生物の歴史は染色体に記されてある(木原記念財団学術賞の記念牌銘)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きはらひとし【木原均】

1893‐1986(明治26‐昭和61)
遺伝学者。東京の生れ。1918年北海道大学農学部卒。20年京都大学助手,27年同教授。のち,木原生物研究所長,国立遺伝学研究所長。コムギ類の細胞遺伝学的研究を行い,ゲノム分析によってコムギの祖先などその系統を明らかにする。55年カラコルム・ヒンズークシ学術探検隊を組織し,コムギの祖先型を調査。このほか種なしスイカの作出,スイバの性染色体研究も行う。ゲノム分析法は世界的に高く評価された。48年文化勲章を受章。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きはらひとし【木原均】

1893~1986) 遺伝学者。東京生まれ。京大教授。コムギの細胞遺伝学的研究を行い、ゲノム分析により、コムギの祖先の一つがタルホコムギであることを発見。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木原均
きはらひとし
(1893―1986)

遺伝学者。東京都出身。北海道帝国大学農学部卒業(1918)。京都帝国大学農学部助手を経て、同教授となる(1927)。イネ科植物の細胞遺伝学的研究によって著名。とくにコムギ類のゲノム分析の方法を確立、これによって栽培コムギの祖先の解明に成功した。またスイバの性染色体の研究、種なしスイカの結実にも成功した。「小麦の細胞遺伝学的研究」で恩賜賞(1943)を受賞、1948年(昭和23)に文化勲章を受け、1951年に文化功労者に指名された。多くの後進遺伝学者を育てて日本の遺伝学を方向づけたほか、スポーツマンとしても活躍、スキーなどのスポーツ団体の役員となり、また京都大学カラコルム探検隊(1955)の隊長を務めた。木原生物学研究所を設立(1942)、国立遺伝学研究所長に選ばれ(1948)、数々の関連国際会議の名誉会長を務めた。著書に『小麦の細胞遺伝学的研究』(1943)がある。[佐藤七郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

木原均の関連キーワードタルホコムギ10月21日恩賜賞受賞者坂村 徹小熊 捍

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android