坂田一男(読み)さかた かずお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂田一男 さかた-かずお

1889-1956 大正-昭和時代の洋画家。
明治22年8月22日生まれ。川端画学校などで油絵をまなぶ。大正10年フランスにわたりレジェに師事。昭和8年帰国後は画壇をはなれ,キュビスムから独自の抽象画にすすんだ。遺作展で世に知られる。昭和31年5月28日死去。66歳。岡山県出身。作品に「キュビズム的人間像I」「端午」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坂田一男
さかたかずお
(1889―1956)

洋画家。明治22年8月22日岡山市に生まれる。1914年(大正3)上京、川端画学校ほかで藤島武二(たけじ)に師事。21年パリに留学、オトン・フリエス、ついでフェルナン・レジェの研究所に学び、キュビスムの分析と構成画法を追求した。サロン・ドートンヌに出品、サロン・デ・チュイルリー会員となる。33年(昭和8)帰国し、以後郷里にあって画壇外で『端午(たんご)』『コンポジション』ほか、キュビスムから独自の抽象へと画業を発展させた。昭和31年5月28日没。翌年ブリヂストン美術館での遺作展によって世に知られた異色画家である。[小倉忠夫]
『小倉忠夫編『宿命の抽象画家 坂田一男』(1966・美術出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の坂田一男の言及

【キュビスム】より

抽象芸術 日本におけるキュビスムの受容は1915年ごろに始まり,東郷青児,万鉄五郎らの作品にまずその反映がうかがえる。20年代に入ると,矢部友衛,古賀春江,黒田重太郎,川口軌外,坂田一男と,なんらかの形でキュビスムあるいはそれに類する様式を取り入れる画家はその数を増し,ひとつの流行の観を呈した。しかし彼らはキュビスムと未来派,あるいはキュビスムから派生したピュリスムや抽象的傾向を厳密に識別していたわけではなく,またそれぞれの理念を理解していたわけでもなかった。…

※「坂田一男」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android