コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

均衡成長理論 きんこうせいちょうりろんbalanced growth theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

均衡成長理論
きんこうせいちょうりろん
balanced growth theory

経済成長のためにはすべての産業が均衡をとりつつ,同時に拡大しなければならない,とする R.ヌルクセに始まる一連の理論。彼は経済発展の主たる阻害要因を資本形成の不足と考え,その原因は投資の有効需要不足にあるとした。そしてこの投資需要創造の手段として全産業の同時拡大を提唱したのである。この立場の論者は経済開発について,一つの産業の重点的発展ではなく,相互に需要を創出しうる関連産業の同時的かつ均衡のとれた発展を図るような政策を有利と見る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報