コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垂直分業 すいちょくぶんぎょうvertical international specialization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

垂直分業
すいちょくぶんぎょう
vertical international specialization

発展途上国が1次産品や労働集約的な工業製品の生産を行ない,先進国が資本・技術集約的な工業製品を生産するというように,縦のラインで生産活動を分担し合うこと。一方,先進国相互が同種の工業製品を相互に輸出入し合うような横のラインで生産活動を分担し合うことを水平分業 horizontal international specializationという。途上国と先進国の間が垂直分業になりやすいのはある意味では当然ともいえるが,途上国の側からは工業化が進まないという不満も大きい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

垂直分業の関連キーワードシャシメーカー日本資本主義

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android