垂簾(読み)スイレン

デジタル大辞泉の解説

すい‐れん【垂×簾】

すだれをたれること。また、たれたすだれ。
《昔、中国で男女の区別を厳しくするため、皇太后などが群臣に会うとき、その前にすだれを垂れたところから》天子が幼年のとき、皇太后などが代わって行う政治垂簾の政(まつりごと)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいれん【垂簾】

すだれをたらすこと。また、たらしたすだれ。
〔「旧唐書高宗紀」より。古く中国で、皇太后などが群臣に接する際には、その前にすだれをたらしたことから〕 皇太后や太皇太后が幼帝に代わって政治を行うこと。また、その政治。垂簾の政まつりごと。 「 -政治」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すい‐れん【垂簾】

〘名〙
① すだれをたれること。また、たれたすだれ。すだれ。〔旧唐書‐高宗紀下〕
② =なんこうがい(軟口蓋)〔医語類聚(1872)〕
③ 「すいれん(垂簾)の政」の略。〔宋史‐礼志〕

たれ‐す【垂簾】

〘名〙 たれたすだれ。
※万葉(8C後)一一・二五五六「玉垂の小簀の垂(たれす)を行きかちに寝は眠さずとも君は通はせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

垂簾の関連情報