玉垂(たまだれ)

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

たまだれ【玉垂】

青森の日本酒。酒名は、弘前市・本行寺の住職が洞窟で座禅修行した際、滴り落ちた岩雫が住職の唇を濡らし、それがあまりにも甘美な味であったという故事にちなみ命名。精米歩合40%で津軽大寒の時期に仕込む大吟醸酒。平成15年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦。仕込み水は八甲田山系の伏流水蔵元の「中村亀吉」は大正2年(1913)創業。所在地は黒石市中町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たま‐だれ【玉垂】

〘名〙 (古く「たまたれ」とも)
① 玉を緒(お)で貫いて垂らし、飾りとしたもの。また、「たま」は美称で、美しいすだれ。玉簾。
※後撰(951‐953頃)雑二・一一五七「玉だれの編みめのまより吹く風の寒くばそへて入れんおもひを〈よみ人しらず〉」
② 雨のしずく。
※浄瑠璃・凱陣八島(1685頃)一「もすそにかかる玉だれもたがひの思ひかずとりて」
みじん粉、砂糖、ヤマノイモ、わさびを練り合わせた餡(あん)を求肥(ぎゅうひ)で包んだ棒状の菓子。〔春雨文庫(1876‐82)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android