コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垜/堋/安土 アズチ

デジタル大辞泉の解説

あずち〔あづち〕【×垜/×堋/安土】

弓場で、的をかけるために、土または細かい川砂を土手のように固めた盛り土南山(なんざん)。的山(まとやま)。射垜(あむつち)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


あずち

弓を射る際、的をかける場所で、土や砂を山形に盛って築く。的所(いくはどころ)(的を置く所)ともいう。それ矢を防いだり、矢の破損を防止するためのもので、矢が適度に刺さり、かつ通り抜けない程度がよい。今日のは、射場の間口にあわせ、的をいくつもかけられるように横長につくられ、雨天でも矢がぬれないように屋根が設置されている。[入江康平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

垜/堋/安土の関連キーワード上げ土門・上土門沓引き・臥機打ち麻包銀土弓弓場垜枕垜屋

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android