コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城陽[市] じょうよう

百科事典マイペディアの解説

城陽[市]【じょうよう】

京都府南部の市。1972年市制。木津川東岸にあり,沖積低地では米,モモ,ナシ,東部洪積台地では茶を栽培。養鶏サツマイモなどの近郊野菜栽培も行われる。江戸期にはじまった金銀糸を特産。奈良線,近鉄京都線,京奈和自動車道が通じ,住宅,工場が進出している。寺田には中世末の環濠集落の面影が残っている。32.71km2。8万37人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうよう【城陽[市]】

京都府南部の市。1972年市制。人口8万5398(1995)。京都盆地の木津川東岸に位置し,宇治市の南に接する。東部は丘陵地帯をなし,そのふもとには古くから集落が発達した。久津川(くつがわ)古墳群や1976年発見の森山遺跡など,遺跡も多い。かつては米作のほか,果樹,野菜の栽培が行われる農村地帯であったが,京都と奈良を結ぶ国道24号線,近鉄京都線,JR奈良線が南北に貫通して交通の便がよくなり,京都,大阪への通勤者向け住宅団地もできて人口が急増した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

城陽[市]の関連キーワード新藤兼人[各個指定]芸能部門田中角栄内閣中原佑介佐藤栄作内閣田中角栄内閣堀内恒夫ヨルゲンセンシェンク磯田光一

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android